HDDをSSDの選び方

容量と速度を両立する方法があります!

ゲーミングPCのパーツ選びって迷いますよね。グラフィックボードやCPU、メモリ・・・と選んできて、最後に迷うのがストレージです。多くのゲーミングPCは1TB以上のHDDがデフォルトで搭載されています。

 

でも本当にそれで充分でしょうか?確かに容量としては1TB以上あれば問題ないように思えます。しかし問題は速度です。SSDはHDDよりも読み込み速度も書き込み速度も圧倒的に高速です。だからSSDを選べばいい・・・となるわけではありません。

 

SSDのメリット・デメリット

SSDは非常に高速です。Windowsの起動がHDDと比較して数倍速くなります。当然オンラインゲームの起動やマップ移動も高速になります。性能だけ考えたらSSDを選ぶべきです。

 

でもSSDにもデメリットがあります。それは容量と価格です。SSDは歴史が浅いパーツです。そしてまだ主流ではありません。だからSSDの容量は128GBや256GBがほとんどです。これくらいの容量でもHDDより高額です。

 

HDDのメリット・デメリット

HDDのメリットは安さと容量です。とにかく安いです。3TBでも激安です。3TBあったら残り容量に困ることはありませんね。でも前述のとおり速度は遅いです。

 

また、意外と知られていないのが故障率の高さです。HDDはSSDと比較して故障率が高いのです。中でガチャガチャと機械が動いて記録しているので、音もうるさいですし、振動させるとすぐに壊れます。逆にSSDは静かで10年以上長持ちします。

 

どっちを選べばいいの!?

比較してみてどちらにもメリット・デメリットがあることがわかりましたね。逆に迷ってしまったのではないでしょうか。でも大丈夫です。完璧は選び方をここから解説します。

 

簡潔に書くと「両方搭載する」が正解です。例えば、256GB SSDと2TB HDDの構成にします。BTOメーカーでこんな感じで選ぶと、SSDのほうにWindowsをインストールしてくれます。これで全体の動作が高速になります。

 

あとはブラウザとよく遊ぶオンラインゲームだけをSSDにインストールします。それ以外のデータやプログラムはすべてHDDに入れます。これが2017年一番おすすめする構成です。容量も問題を解決しつつ高速化も維持できるのです。

 

BTOメーカー最大手のドスパラはSSD追加が激安なので、この構成にしたい方はドスパラのサイトをチェックしてみてください。

 

ドスパラのSSD搭載パソコンはこちら